· 

【蔵見学】越路乃紅梅|頚城酒造(新潟 柿崎)

八反錦を育てる、契約農家の片桐さん(左から二番目)と頚城酒造 八木社長(右端)と圃場見学。 

「注目の酒 越路乃紅梅」

 

東京で修行していたころから、

「最近の新潟では越路乃紅梅が成長株だね」

言われていました。

 

営業の小松さんが当店に来ていただき、

試飲をし、一発で取り扱いを決めました。

正直、当店としては、

取り扱い前に一度蔵にお伺いするのが

基本です。

(※県外の蔵であってもしかり)

 

しかしこの時ばかりは、

翌日すぐに電話をし

発注させていただいておりました。

 

本醸造クラスであっても、

まろやかな旨味と

綺麗なキレのあるお酒でした。

 

どんな蔵なのか、

見学がとても楽しみでした。


全国の名水に選ばれる軟水「大出口泉水」

「酒造りのための恵まれた環境」


越路の紅梅のある柿崎は酒造りをするために、

適した里山がありました。

 

柿崎に行って水を見て、田んぼを見ると、

何も説明しなくても頚城酒造の酒が

このように素晴らしい水と

素晴らしい田んぼで出来あがっていて、

柿崎の自然の恩恵を

ダイレクトに日本酒として

表現にしているんだな、と。

 

仕込みに使われる大出口泉水は

全国の名水に指定される軟水、

またこの水で育った柿崎地区の田んぼから

採れた米に注力し、

酒造りを行っています。

 

八木社長が「生き方の師匠でもある農家の片桐さん

「変わり者が造る文化」


越路乃紅梅の最大の武器は

広島県が開発した酒米「八反錦」を

柿崎で育てていることです。

 

新潟の米農家の多くが

ブランド米「コシヒカリ」を

造れば売れたことから、

酒米を一生懸命栽培する農家さんは

多くはなかったようです。

 

また酒米の最高峰と言われる

兵庫県産の山田錦は

大きい蔵から優先的に

割り当てられるため、

頚城酒造のような小さな酒蔵は

いい酒米を使えなかった歴史が

あるとのこと。

 

八木社長の先代と

地元柿崎農家の片桐さんがタッグを組み、

調査と研究の末、

広島県の酒米「八反錦」に目をつけ、

現在に至るまで栽培を続けています。

 

本当に稀有な農家さんで

「自分も酒が好きだし、

自分が造った米が酒になるのは面白い」

と片桐さん。

 

粒が大きく精米する

吟醸系の酒に適した酒米で、

越路乃紅梅のひとつの武器になっています。

なんと言っても八木社長の酒造り改革を事細かに教えていただきました。

「八木社長の理系脳で考える酒造り」

 

越路乃紅梅の酒質が

飛躍的に向上した一番の理由は

八木社長の存在だと

感じました。

 

メディア等で

あまり多くを語らない、

八木社長ですが、

社長就任後の改革は

ものすごいものでした。

 

まず現在特定名称以上の

ほとんどのお酒は、

「炭素ろ過をしていません」

新潟の淡麗辛口という味わいは

この炭素ろ過に頼るとことが

大きいのですが、

八木社長はバッサリと

「炭素ろ過をすると酒のバランスが

崩れてしまいます」

 

また

「せっかくしぼりたてがうまくても

保存環境で酒は悪くなってしまう」と

いう考えから、

お酒に合わせ温度帯の違う貯蔵室を

設けています。